ギャンブル経済:国の経済に貢献する主な要素のひとつ

ギャンブルは経済を刺激する大事な要素である。ギャンブル業界のおかげで、消費財やサービスの集約的な需要が増加している。更に、販売されているゲームはすべて労働力を必要とするため、そこに雇用が生まれる。

アメリカの多くの州は、ギャンブル事業を経済成長のためのツールとみなし、ギャンブル活動を容認している。ギャンブル経済からは、以下を含む多大な利益が生じているのだ。

 • 州政府や地方自治体への多大な税収
 • 雇用率の上昇(例:技術サポートスタッフ、ゲームスタッフなど)
 • 小売業や地元産業の売上促進
 • ギャンブルが提供する(かなり大きな)金儲けの機会

ギャンブル経済の良い効果
ギャンブル業界は急速に成長しており、ギャンブルは世界中で人気となっている。スマートフォンの需要拡大と、手頃な価格の高速インターネットによる恩恵は否めない。ギャンブル経済の市場は今や巨大化し、賭博法の下で賭博委員会の規制を受けている。

経済的に苦しい地域では、経済を刺激する対策としてギャンブルが承認されている。

第一に、カジノやギャンブルによって多くの雇用機会が地元従業員に与えられている。とは言え、経済発展というのは多面的な概念であり、様々な要素の影響を受けるものだ。ギャンブル経済は地元経済だけでなく住民平均所得も押し上げている。

第二に、カジノギャンブル業界は他業界と全く同じように政府に税金を納めている。また税金以外にも、チャリティや社会的な革新などの様々な経済活動に貢献している。

ギャンブル経済がもたらす税収は有益であり、国の経済の発展に関して重要な役割を果たしている。ギャンブル産業は他の業界にも様々なプラットフォームを提供しており、彼らはそういった娯楽を通じて熱心なゲーマーを顧客に取り込もうとしている。 通常この種の業務を行なっているのは、ギャンブル関係の代理店だ。ギャンブル業界の活動は、最終的に国の経済に良い影響を与えているのである。

ギャンブル経済の悪い効果
その一方で、ギャンブル経済によって起こりうる悪い効果は、経済成長やビジネスの原則に直接影響する。ギャンブル経済が問題を引き起こすこともある。

しかしここでお伝えしたいのは、健全なギャンブルの範囲では、政府が全てをきちんと管理しており、ゲーマーがギャンブル中毒になることはない。その反対に、問題のあるギャンブル習慣があれば、プレイヤーがゲーム中毒になり得ることだ。そうなると稼ぎはギャンブルに費やされ、家庭崩壊にまで至る場合もある。以下はギャンブル経済がもたらす悪い効果の一例である。

 • たちの悪い借金
 • 破産
 • 犯罪
 • 失業
 • 家庭崩壊
 • 自殺への引き金

ギャンブル経済に関するまとめ

ギャンブルが経済に与える影響を測定するのは困難だが、社会に与える影響を測定するのはもっと難しい。ギャンブルによる影響を明確に説明することは今の段階では不可能だ。ギャンブル業界について正確な結論を導くためには、まだまだ調査が必要だと言える。

安全なギャンブルをするなら自己規制システムもしっかりしている日本国内最大規模のオンラインカジノ-ベラジョンオンラインカジノがオススメです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *